Menu

初めての方へ

Home

◎私が整骨院という「道」に出会ったきっかけ・恩師が「人の為になる仕事を」

私の学生時代の先生(恩師)がよく言っていた言葉が「人の為になる仕事の方がやりがいがあるやろ?」と言われことが心に残り 「仕事」に対する考えが少しずつ変化していきました。
ですが当時は若い自分には「人の為、やりがい」なんて理解できませんでした。
年を重ね、20代半ばに恩師と会った時に自分は尋ねました。 「何で先生になろうと思ったんですか?先生にとって、やりがいって何ですか?」すると先生は、「人に感謝されるとやりがいがあるし、私は自分の得た知識や技術を人に伝えて社会に役立ててほしいからや」
ただ何となく先生になる人、お給料が高いから公務員や先生になる人とは違う目線で仕事をし、生徒と向き合っているんだなと感じました。
恩師は自動車整備科の先生で、当時は60歳代、年の功もあるせいか、すごく心に響きました。
こういう姿勢で日々仕事をしているから皆に好感を持たれ、また自分もすごく好感を持ち、人徳のある人だと思いました。

「人の為=医療関係」 自分の頭の中でこの2つが繋がり、偶然、身の回りで起こった出来事も重なったことから医療関係への方向に進む「道筋」がこの時にできました。

当時は自分の友人が精神面での弱さもあり、相談など多かったことから「心と身体の治療をできるようになりたい」という想いが強く、スポーツを通じて整骨院に通っていたこともあり、この仕事なら身体のことだけじゃなく、相談や話など心のケアもできるのではないかと感じ、柔道整復師の「道」を目指す決心がつきました。

カウンセラーとまではいきませんが、悩みなど打ち明けてくれるくらい人と人との関係が築けたらと良いなと思いますし、また、楽しくお酒を飲みに行ける様な関係になれれば幸いです。

ちなみに恩師とは友達のような関係ですが、もう80歳代で笑うとたまに入れ歯が飛んできます(笑)
自分は恩師のように「人の為」にと、格好の良いことは言えませんが、自分自身の為に頑張っていることが 結果、人の為になったり、役立ってもらったりすれば最高やなと思います!
自分のことも出来てないのに、人の事は出来ないので(#^.^#) ただ自分自身に余裕ができたときには倍にして返してやろうと思ってます!

なぜスポーツ外傷・障害治療に力を入れるのか?

私自身、学生時代はサッカー、野球などに励んでいました。
そこで悩まされたのは、野球肩や野球肘。
サッカーでは膝の痛みや足首の捻挫など。
当初は「これくらい放っててもそのうち治るやろ」と軽い気持ちがありましたが、何日経っても痛みが一向に取れないため、整骨院へ訪れました。
そこで出会った先生に言われた言葉が
「自己判断や放置しておくのが一番あかんこと」というものでした。

今現在、私自身が患者様を見る側の立場になり、その言葉の意味を深く痛感しています。
日々、治療意識を高め、今まで得た知識や経験を100%出し切って患者様を診させて頂いております。

自分自身がケガをしたときの治療や予防の大切さを痛感したからこそ

私自身も試合前にケガをしてしまい、試合に出られるかどうかといった不安や、出場できなかった悔しさを経験したことがあります。
このような苦い思いや悔しい思いを少しでも緩和できる様に一日でも早いスポーツ復帰の手助けをさせて頂ければと思います。

トップアスリートも使用している治療機器を導入し早期改善へ

患者様目線の治療を心掛け、症状に合わせたアプローチをしていきます。
この機器には、Hi-Voltage(ハイボルテージ)、Microcurrent(マイクロカレント)、EMS(イーエムエス)の三つのモードがあり、患者様の症状を見極め選択します。

特に急性でのスポーツ外傷・障害での痛みや腫れがひどい場合にはマイクロカレント(微弱電流)を使用します。
治癒の促進が早く、治療効果が高いモードであり、これより更に効果の高いものが超音波とこれらのモードとを組み合わせた治療「コンビネーション治療」です。
超音波と電流との相乗効果で驚くほど早い改善が期待できます。

保護者の方、成長期の方へ

スポーツ外傷・障害であきらかにケガをしていなくても肩、肘、膝、足の痛みなどを訴えることがあります。

これらはただの成長痛でない場合が多く、overuseからくる関節の痛み、種子骨、外脛骨といった障害もありますが、成長期(18才位まで)の段階では骨が完全にくっついていません。

骨の端に骨端軟骨というものがあり、骨端軟骨が完全にくっついた時点で成長が止まりますが、ここに障害が起きると痛みが残ったり骨の変形をきたしたりしますので、小さな事でも気に掛かることがあれば当院へ起こし下さい。
当院ではスポーツ医など信頼のおける病院を選択し、レントゲンなど必要な場合は受診して頂いています。

交通事故にあわれた方、お悩みの方へ

良治整骨院の交通事故治療には旭区、新森、新森古市、森小路、清水をはじめ守口市、鶴見区、城東区の遠方の患者さんにもご来院して頂いております。

・少しの痛みも放っておかないで・・・
交通事故でのムチウチ、首の痛み、腰痛、骨折、脱臼、打撲、捻挫など症状は様々ですが、事故後は緊張や気持ちの不安定さにより痛みが感じにくくなっている状態なので、翌日などに違う箇所へ痛みが現れてくる事が少なくありません。

・事故がおきたら必ず警察に届ける
「あの時こうしておけばよかった」といってもあとの祭りです。
事故後は警察に連絡し事故の説明をきちんとしてもらうようにしましょう。


良治整骨院では交通事故治療に自信があります。
当院では交通事故に特化した治療があり、多くの患者様を救済して参りました。
交通事故に詳しい弁護士、行政書士との提携をしておりますので、後遺症の問題や慰謝料、治療費打ち切りの問題など、サポートさせていただく事ができますので、安心して治療に専念できます。

五十肩、腰痛、膝痛、手足のしびれなどでお困りの方へ

・どうせ良くならないと諦めないで・・・
痛み、しびれがひどい方は「継続する」ことが必要不可欠です。
自分の自己判断で治療をやめると、どこに行っても良くはなりませんし、効果のある治療をしないと悪いものも良くはなりません!
他院で不満があったり良くならないと思っている方は、一度当院へお越し下さい!

地域に密着した治療院を目指し、ボランティア活動などへの参加

大阪市旭区において積極的にボランティア活動や防災訓練などに参加しています。

当院は駐車場もあり、旭区をはじめ、守口市、鶴見区、城東区などからもスポーツ外傷・障害などの治療を受けに来院して下さっています。

ボランティア活動 ボランティア活動